名刺入稿について

テンプレートをご用意しております

ご入稿は、AI/EPS/PSD/PDFのいずれかの形式で、

当店にて修正作業が発生しない「完全データ」としてください。

ご自身で作成されたデータでもお受けしておりますが、

サイズ間違いや塗り足しの不足などの不備を防ぐため、

テンプレートのご利用をおすすめしております。

テンプレート

サイズ・ガイド設定のみ

レイアウト・デザインについて

印刷物は大きな用紙に印刷し、仕上がりのサイズに断裁します。

その工程で±1mm程度のズレが生じる場合がございます。

文字切れや塗り足しの不足にご注意ください。

文字切れ

仕上がりサイズのギリギリの位置へ文字を配置した場合、文字切れとなる恐れがあります。切れてはいけない要素は、仕上がりサイズより3mm以上内側に配置してください。

塗り足し

画像・線・塗りなどが仕上がり線にかかるデザインで、仕上がりサイズぴったりに作成された場合、要素が切れてしまったり、余白がでてしまう恐れがあります。仕上がり線にかかるデザインは、仕上がり線より3mm以上外側まで伸ばしてください。

画像ファイル

原寸時の解像度は、 CMYK・グレースケールの場合は350dpi程度、モノクロ2階調の場合は600~1200dpi以上としてください。

線の太さは0.25pt以上

薄い色の細い線は印刷が見えにくくなる可能性があります。

ソフト別データ作成について

Illustrator

ドキュメントのカラーモード

カラー印刷の場合は「CMYK」、モノクロ印刷の場合は「Kのみ」で作成してください。RGBや特色でデータ作成された場合は、CMYKに変換する必要があるため、色味が変わる可能性があります。

不要なレイヤーは削除

レイヤーは、全て表示、ロック解除し、不要なレイヤーは削除してください。「トンボ」は削除しないでください。

フォントは全てアウトライン化

文字化けや文字位置のずれなどのトラブルを防ぐため、フォントは必ずアウトライン化してください。

画像ファイルは埋め込み

画像ファイルはすべて埋め込み処理をしてください。

データ保存について

データはご使用のバージョンのまま保存してください。下位バージョンで保存された場合、不具合が発生する可能性があります。また、ファイル名は半角英数字としてください。

Photoshop

データのカラーモード

カラー印刷の場合は「CMYK」、モノクロ印刷の場合は「グレースケール」で作成してください。RGBや特色でデータ作成された場合は、CMYKに変換する必要があるため、色味が変わる可能性があります。

画像解像度

350dpi以上にて作成してください。

レイヤーの結合

不要なレイヤーは削除し、デザイン要素を全て結合、1枚のレイヤーとしてください。結合後は、各テキストやパーツの編集ができなくなりますので、結合前にファイルのバックアップをおとりください。

データ保存について

データはご使用のバージョンのまま保存してください。下位バージョンで保存された場合、不具合が発生する可能性があります。また、ファイル名は半角英数字としてください。

PDF

フォントについて

フォントは埋め込みにてデータを作成していただくか、または、アウトライン化ができるソフトをご利用の場合は、アウトライン化した上でPDFを書き出してください。

PDFの形式

PDX/X-1a形式での変換をおすすめします(フォント埋め込み、透明効果の分割、CMYK以外使用できないなど、円滑な印刷工程を実現するフォーマットです)。

データの不備について

当店にて修正などの作業が発生しない完成されたデータとして入稿してください。データに問題や不備がある場合は、お客様にて修正していただき、再入稿となります。

ご注意

  • ディスプレイ上でご覧いただく仕上がりイメージと印刷された実物は、色味が多少異なる場合がございます。予めご了承ください。
  • 著作権・肖像権に抵触する画像、および公序良俗に反する画像等を使用しての制作・販売はできかねます。